初監督作品

同じ事を何度も調べないようにメモ代わり。そしてもの書きの練習に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CentOS 5.5にmysql 5.5をrpmでインスール、libaio.so.1がないと怒られる。。

ServersMan@VPSにTomcat6とmysqlをインストールするのに
えらく時間がかかってしまいました。
yumでいつも楽してたからなあ。。rpmでがんばりました!

特にmysqlはパッケージを探すのでまず苦労をし、
その後依存関係のエラーでてこずり。。

参考にしたのはここ。英語のサイトですが一番シンプルにわかりやすーくまとめられてました。centOS 6 64bit用の説明なので、wgetするときは注意です。
それにしてもパッケージ多すぎよぉ。。

rpm -Uvh * のとこで
Missing Dependency: libaio.so.1 mysql-server-5.5.13-1.el5.remi.x86_64
というエラーをくらい。。そもそもlibaioって何?ってところから始まり。。(非同期I/Oを実行してくれるものらしい。) yumで入れようとしたらサーバーから何故か応答がなくなり。。

結局LINUX PACKAGESからlibaioのrpmパッケージをダウンロードして、rpm -iしました。

そしたらmysqlのインストールもうまくいきました。やっとーーー!2時間くらいかかった

rpmでインストするとmy.cnfが自動で作成されないってわかった。
find / -name my.cnf までして探したよ。。
あとetc/init.d/mysqlで起動や停止を行うことになってた。
自動起動の設定も chkconfig mysqld on では通らず、chkconfig mysql onでなぜか通った。
dがあるかないかだけ。。
yumとは色々ちがうんだなあ

ver5.1のmy.cnfからコピペして作成したmy.cnfを保存してmysqlをリスタートしようとしたら。。
Starting MySQL...The server quit without updating PID file
なんだこりゃー
ググってみたら、ver5.5からdefault-character-set=utf8は使えない仕様になっているとか!
知らなかったー

勉強になりました。コマンドもっと覚えます。

スポンサーサイト

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/19(金) 18:01:56|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CentOS 5.5にphp, mysql, sendmailインストール + ネットワーク設定

構築したサーバーはテスト環境として外部に公開するらしいので
DHCPでなく固定IPを割り振ることに。

こちらの手順がとてもわかりやすかったです。

ついでにホスト名も変更してしまおう、ということで。。こちら

ネットワークといえば忘れてはいけないファイアーウォールの設定も。
iptablesの設定
がしかしiptablesの設定が不十分だったためApacheにつながらない自体に。。
最初はiptablesが原因とはわからず焦りましたが、調べるとおなじ現象の方がいらっしゃいました。
httpdがiptablesではじかれる

次にPHPですが、本番環境のは5.2を使っているけど、CentOS 5.5系だと普通にyumでインストールすると5.1.6が入ってきちゃいます。なので一度5.1.6入れる→5.2にアップデートの流れとなるのですが、
非公式レポジトリを追加せねばならないなど中々骨の折れる作業でした。。
PHP5.2.16インストール
しかもこの後アプリを動かしてみましたが、なぜか日本語が全部?で表示されている。。
マルチバイト文字を使うためにphp-mbstring入れなきゃないんですねぇ。。
マルチバイト関数をインストール
今回一番てこずったのはphpさんでした。

mysqlとsendmailは該当のバージョンが普通にyumで入りました、楽だ〜。
mysqlは何度も何度もプロジェクトで使っているのですがどーしても忘れるコマンドがこちら

CREATE USER user_name@host_name IDENTIFIED BY 'password1',

覚えようや。。

あとはこちらを参考にsendmailを設定して。。コンソールからmailコマンドでテスト、うまくいきました〜

長かったけど無事完了です

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/01(月) 18:32:00|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CentOS 5.5 インストール

さくらのVPSにある本番環境のテスト用環境を作成することになり。

rpm -q centos-release

で確認したところ(cat /etc/redhat-releaseでも確認できる)
*32bitか64bitか調べるには uname -a

centos-release-5-5.el5.centos

とでた。そうかー5.5かーと思って色々なレポジトリを当たったところ
どこにも5.5用のisoファイルが見当たらない。。
5系であるのは5.8のみで、6系はどこでも大体ある。
探しまわってやっと見つけました。。

http://vault.centos.org/5.5/isos/x86_64/

ただDVD用のファイルがなく、CD用のファイル1~8をダウンロードすることになり2時間近くかかってしまった。

その後vSphereクライアントで作成した仮想マシンにインストールします。

本番環境と同じくディスク30GB, メモリ1.2Gを割り当てるのも忘れず。

こちらこちらなど参考にさせて頂きました。

さくらのVPSはデスクトップ環境がないですが、テスト環境は仮想マシン管理を簡単にするためからGNOMEを入れました。
SELinuxについてはまだよく理解していないのですが、オフにしておきました。

rpm -qi httpd

で確認するとApache2.2が既に入ってるみたい。
なのでこれからphp, sendmail, mysqlをインストしてあとはネットワークの設定

つづく

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/09/28(金) 13:43:18|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fumsa

Author:fumsa
プログラマー3年目です。
C, Java, PHP, JavaScript, Linuxなど主に

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
CSS (1)
Linux (3)
JavaScript (3)
Java (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。